●ARR−F5−S1フレームリレーは、
フレーム ロッド付きのパイロットバーナーと組み合わせて使用し、パイロットバーナー本体とフレームロッドの間の炎を検知して増幅後、接点出力として燃焼の有無を検出する安全装置です。 
また、本器は小型にもかかわらず、イグニッション電圧の入力ライン混入や耐ノイズ性も考慮された信頼性の高いフレームリレーです。


※オプションに疑似的にARR-F5-S1の動作
 確認が出来る、シュミレーションテスタがあります。

 シュミレーションテスタ
取扱説明書

※価格改正を2017年4月納入分より予定しております。
操作電圧 AC100V/200V ±10% 50Hz/60Hz
消費電力 5VA
入力電流 フレームロッド整流電流 2μA以上
出力接点容量 250VAC 1A 125VDC 1A
応答時間 (検出/消火) 0.3〜1秒
周囲温度 −20℃〜55℃    ※但し、結露なき事。
取 付 サブベースにプラグイン方式
サブベースはOMRON製8PFA
サブベースは巾35mmDINレールが使用出来ます
 《注意事項》
 @ 本器とパイロットバーナ間の配線は、同軸ケーブルをご使用下さい。
     (RG11A/U又は7C2V相当品、最大ケーブル長:50m)
 A 電線用配管は単独で配管し、アース線も同一配管内に通し、バーナ本体に接続してください。

※製品改良の為、外観・仕様は予告なしに変更することがありますのでご了承ください。
※印刷物と実物では色合いが多少異なる場合があります。あらかじめご了承下さい。


PDFファイルでご覧いただけます。
Adobe Acrobat Reader(無料) を
ご準備ください。